マナゲルピュア エイジングケア オールインワンジェル

抗酸化作用ってなに?

人は呼吸することにより、酸素を体内に取り込みます。
体内の酸素は、細胞内に入ると栄養素と結びつきエネルギーを作っていますが、その際に、「活性酸素」を出します。
この活性酸素が、体を錆びさせる、いわゆる酸化の原因となります。

 

活性酸素は体内に侵入した異物・毒物、細菌・ウイルスなどを分解する働きがあるのでとても大切なものでもありますが、余分に蓄積された活性酸素は、正常な細胞まで破壊してしまいます。これが、「酸化」です。
この酸化は、老化を引き起こす原因になります。

 

活性酸素は、細胞膜の主成分である「脂質」と結びつきやすいため、細胞が老化するのを促進してしまいます。
肌細胞が老化することで、また、酸化は生活習慣病や動脈硬化などの現代病の原因にもなります。
このような活性酸素の働きを抑えることを「抗酸化作用」といいます。
もともと体内で行われる抗酸化の働きは、加齢によって低下します。
それにより、年齢を重ねることで体がサビやすくなってしまいます
また、ストレス・紫外線・タバコ・アルコール・食品添加物の増加などの日常生活でも活性酸素を増加させてしまいます。

エイジングケアと抗酸化作用

「肌サビ」ともいわれる酸化による老化現象は、お肌の細胞が酸化してし、正常な働きが壊れてしまうことで様々な肌トラブルを起こしています。

 

●シミ・くすみ
活性酸素がシミの原因である「メラニン色素」を増加

 

●しわ・たるみ
肌の弾力に深く関わりのある「コラーゲン」「エラスチン」を減少したりダメージを受け、真皮の老化。
これにより、シワ・たるみの他にもほうれい線、マリオネットライン、ゴルゴライン、たるみ毛穴に繋がります。

 

●肌のターンオーバーの乱れ、毛穴トラブル、大人ニキビ
活性酸素によってバリア機能が低下することで、ターンオーバーも乱れてしまいます。
お肌の新陳代謝が乱れてしまうと、いつまでの古い角質細胞が肌の上に残り、厚い角質層を作ってしまい肌をくすませたり、毛穴に詰まって、毛穴トラブルや大人ニキビの原因になったりとすることもあります。

 

●乾燥肌
ターンオーバーが乱れることで、乾燥肌をはじめ、乾燥肌が原因となる肌悩みも増加。
毛穴の黒ずみ、くすみ、角栓、ゴワゴワ肌などもお肌の酸化が原因となります。
そして乾燥肌がひどくなったインナードライ肌や敏感肌などの症状もお肌の酸化によることもあります。

 

 

「抗酸化」効果のある発酵水『メビウス』、『レスベラトロール』のほか、魅力的な抗酸化作用を持つ植物成分を多数配合した
『マナゲルピュア』はエイジングケアにおすすめなオールインワンジェルです!